2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« サブPCを迷う | トップページ | [8月30日・百合が原公園]人物撮影に挑戦。 »

2015.08.15

清水の舞台から飛び降りる覚悟でサブPCを買い替えた。

悩みに悩んだサブPC選び。
コスパとスタイルのMacbookか、拡張性と堅牢性のLet'snote RZ4か、もしくはSurface3か。結局、選んだのはRZ4でした。

とりあえず前記事執筆時点で質入れ中であったRZ4の旧モデル。私が利用している質屋は質で預け入れしている物を預け入れた状態で再度査定していただき買い取ってくださると言うガジェット好きには便利なシステムがあったので買い取って頂き、さらにツレを説得した結果、Core M-5Y71vProにSSD256GB・mem8GBと言う私の希望通りの店頭販売版のハイスペックモデルを購入する事でGoサインが出ました。あ、LTEは付いていない方です。
さて、Core M-5Y31・mem4GBモデルと比べるべく2000万画素ほどのjpegデータをphotoshop elementsでちょっと加工してみましたが、以前のモデルと異なり進捗を示すプログレスバーが表示されず、激速とまで行かなくともそんなにストレスの無い状態で写真加工を出来るようになっていました。300MHz(TB時は500MHz)とmem4GB増しで結構快適になるものなんだなぁ、と実感するとともに写真加工がこのスピードで出来るならOfficeソフトの利用も問題ないな、と。
そして256GBのSSDには気分転換のBGMから講演用ドキュメント・趣味の写真まで全部入れても余裕があり、まだファイルを入れられると言う安心感までゲット。

ほぼ毎日PCを持ち歩く私にとって、メインマシンをこのRZ4にしてしまい家にディスプレイとキーボードを置いてしまおうかとも考えてしまうほど、意外とスペック良いな、と。Core Mを甘く見ておりました。
もう一点このPCを買う決め手となったサイズ感ですが買い替え検討の間、何度か13インチのメインdynabookを持ち歩きましたがdynabookと比べ、電車の中での威圧感がなく4人掛けボックスシートが満席状態でも余裕でクラムシェルモードにして物書きが出来るのは時間を有効活用出来るな、と。

あえて言うのならば、最初からこの店頭販売版ハイスペックモデルを買っておけば旧モデル購入額と売却益の差額の数万円ほどを損しなかったのではないか、と思うこの頃です。

« サブPCを迷う | トップページ | [8月30日・百合が原公園]人物撮影に挑戦。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73861/62085359

この記事へのトラックバック一覧です: 清水の舞台から飛び降りる覚悟でサブPCを買い替えた。:

« サブPCを迷う | トップページ | [8月30日・百合が原公園]人物撮影に挑戦。 »

レビュー募集中。

Trackback People



ランキング参加中(仮)

無料ブログはココログ