2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 何とか生きていたようだ。 | トップページ

2016.06.18

日帰りでふらっと猪苗代

タイトルのごとく仙台から日帰りで猪苗代まで行ってきました。
まぁ、ほぼ普通電車に乗りっぱなしだったような記憶が。。。

梅雨時ながらも晴れた今日。仙台で日ごろから欝々としていると余計病みそうになるので気分転換を兼ねて出掛けることとしました。目指すのは、なんとなく湖のイメージから猪苗代に決定。ツレを起こさずひっそりとサイレントに出掛けようとしたらバレて2名分の旅費支払いが決定。今回は仙台駅まで出ず地下鉄で長町駅まで向かい長町から福島へ南下し、さらに福島から郡山へ南下。郡山からは猪苗代へと西に向かうだけの簡単な行程ですが、ほぼ全行程が普通電車です。
Img_0445
道中の電車内で沿線に撮り鉄の皆様方が妙に多いなと思いtwitterを検索すると、私が乗っている電車の後ろを国鉄色485系と言う昔の特急列車が引退のための運転をしているらしいことが解りまして、一応今回の旅行で見ておきたいものリストに追加してみるも難しいだろうなぁ、と思ったり。
福島・郡山と乗り換えて行くうちに車内のいわゆる「鉄分」は上昇。皆さん485系目当てなのか、大きなカメラを抱えた方々を見て「次の給料でミラーレスからバージョンアップか...」と考えたり考えなかったり。
そうこうしているうちに猪苗代に到着。駅前の観光協会でレンタサイクルの手続きをし、近くの自転車屋さんで受け渡し。
Img_0454
磐梯山を眺めや水田のあぜ道や草が茂った湖畔を走ること20分かそれぐらいで野口英世記念館に到着。と、見学の前に隣に軒を連ねている食堂で腹ごしらえ。喜多方ラーメンとミニソースカツ丼のセット。
Img_0462
いつかは行こうと思った野口英世記念館を見学。野口氏が海外の著名人の言葉を借り国内の恩師などに手紙を書いていたのであるが、「忍耐は苦い。しかし、その実は甘い。」という言葉や野口氏の熱心な生き方を見て、私だってつらいつらいと言っている毎日の生活ではあるが、まだ耐えることが出来るのではないかと感じ記念館を後にしました。
行きの道中では釣り人が居たため近づけなかった湖畔も帰りはグッと近づけた。ついでに前記した485系と言う車両も見ることができた。こちらにも地味に感動。
Img_0511
自転車屋と観光協会でレンタサイクルの返却手続きをし、猪苗代を後にし郡山・福島と乗り換え帰宅...
Img_0529
ではなくホリデーパスの特例利用で山形新幹線区間の特急券を追加購入し、山形へ。
Img_0539
喜多方ラーメンもおいしいですが、山形の冷やしラーメンもまた旨いのです。
Img_0541_2
と、あんな所こんな所に寄りつつ帰宅です。本来なら6750円の所、2670円でぐるっと回ることができお得。そして野口氏が引用した言葉や生き方に何かグッと背中を押されたような気がした一日でした。

« 何とか生きていたようだ。 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73861/63796785

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰りでふらっと猪苗代:

« 何とか生きていたようだ。 | トップページ

レビュー募集中。

Trackback People



ランキング参加中(仮)

無料ブログはココログ